渋谷で引きこもってる社長です

株式会社Chotchy代表取締役 / エンジニア

UXデザイナーはいるのにUXエンジニアはいない

僕は割とUXと一般的に言われているようなものにはこだわりたいと思っています。スマホを親指でいじるのは手の大きい人で手の小さい人は人差し指で操作するのでフッターじゃないほうがいいよ、とか。

これはUXデザイナーと呼ばれる人がやればいいと思うんですよね。

んで、一つデザイナーの腕のよしあしをはかる一つの指標として、「エラー画面まで考えてくれているのか」「バリデーションの表現まで考えてくれているのか」「hover時の挙動まで考えてくれているのか」ってあると思うんですよね。

開発経験がたくさんあるデザイナーさんとかならここまで気を使ってモックを作っていると思いますが、中にはちゃんとそういった細かいところまではまだ気を使えないデザイナーってたくさんいると思います。

Webデザイナーのなかにはただの「モックデザイナー」の人もいるのではないでしょうか?画面に写っている自分のモックのできばえで「あーいいUIだ」っていっているわけで。たぶん、UIを動画じゃなくて静止画でしか見えてないんじゃないかって。でも実際に使うときにはエラーメッセージも出さないといけないし、ボタンってことを分かりやすくするためにhover表現もださなきゃいけない。ただ、そのへんの感覚ってコーディングしたことないとわかりにくいんじゃないかなっと思いまして。

何がいいたいかっていうと、UXってフロントエンジニアが担当してもいいんじゃないかって。分かりやすい画面遷移、読み込み時間、読み込み順っていうのもあると思うし、デザイナーさんがそこまで気をつかえるほどの経験がないのなら、フロントエンジニアがUXってところもイニシアティブをとるべきかなと。

僕はUXとか使いやすさとかを大事にしていけるように頑張っていきたいですね。