渋谷で引きこもってる社長です

株式会社Chotchy代表取締役 / エンジニア

サーバーサイドプログラミングやりたいならとりあえず自分でLAMP作ってみ

人工知能コンの特設サイトが公開されました!ぜひごらんになってください!

人工知能コン!時代はスマホを使った街コン「スマホコン」へ

PHPやりたいとかRuby on railsやりたいとか、データベースやりたいとかあると思うけど、まずは自分で環境作れるのが大事だと思うんですよね。

僕はcrewwにインターンに行って初めて本格的なサーバーサイドを目の当たりにしましたが、最初はその環境の問題で苦しみました。Vagrentのバーチャル環境にapacheもよく完全に理解してないのにnginex?って感じでした。

エンジニアとしてやっていくならXAMPPはさけるべき

世の中にはXAMPPというパッケージになってる最高のソフトがあります。が、実はあれではディレクトリ構成とかどこに何のファイルがあるとか分かりにくいのですな。僕はMacを使っているのでHomebrew

Homebrew — The missing package manager for OS X

を使っていました。結構簡単にapachephpmysqlが入るのですが、httpd.confなどのコンフィグファイルを自分でたたきにいく必要があるためかなり勉強になります。

 

サーバー環境の知識が無いと実戦では使えない

自分で環境を組むことの意味はここにあります。CeontOSにはXAMPPは入れられませんし、VPSになったら自分で環境を作らないとなんも動きません。ドメインの仕組みもわかりません。サーバーにはWebサーバー、DBサーバー、メールサーバー、DNSサーバーあって…。ということも知らずにWebエンジニアを名乗ることもできます。

僕の愛用してる環境は、Mysql+CakePHPですが、最近DBサーバーをMongoDB+Pythonにしてjsonではきだして、WebサーバーをApache+AngularJSとかにするのもありかなって思ってきたりして。時間と金があればやろうかな。。