渋谷で引きこもってる社長です

株式会社Chotchy代表取締役 / エンジニア

なんのために就活やってるんだろうみんな

学生なりに思ったことを偏見バリバリで書きます

僕は就活を少しだけしたことがあります。すごく不快な事件があったので途中でやめてしまった。〇〇バー〇ージェン〇の二次面接かなんかを受けてそのあとメールで次の面接に来てください、と連絡を受けたのでネットシステムから次の面接の日を入れようと思ったら落ちたことになってた。んで、お問合せフォームからどっちですかと聞くと、自動返信で3営業日程度で返事をすると。

結果、4週間返事がきませんでした。その間に3回も問合せしました。なんという為体な結末。なのに、たいした謝罪もなく終了。

学生を馬鹿にするのもいい加減にしろと思いました。

 

そこで、思いました。社会人なんてこんなもん。

学生や下請けを小馬鹿にして自尊心を回復してしょっぼい仕事を毎日淡々とこなす。中にはすごい仕事をする人はたくさんいると思う。そういう人がたくさんいる会社を知ってますし、そういう多くのすごい人たちに会ってきました。

でも、そういう有能な人、有能な会社は数少ないんだな、と。

 

みんなはそういうの考えて就活やってるのかな?

大企業に就職出来たらえらいの?

 

僕は、仕事は「手段」であって「目的」ではないと思うんですよ。

何か目指してる人生とか世界とか、成し遂げたい何かとか。それに近づくための「手段」だと思うんですよ。もちろんそれがかわいい子供たちに囲まれた幸せな生活とかでもいいと思うんですよ。何でもいいと思うんですよ。自分の作ったもので誰かを幸せにしたいとか。

そういうのが何もないのに仕事を選べるってのも逆にすごいな、と。

 

最近の大学生はそういう野望とか夢とか目標とか、そういうのない人が多いらしい。それなりのお金もらって普通に生きたいんだって。そもそも普通って何?その普通をもっと具体的に計画的に考えてみたら、意外と自分のやりたいことがでてくると思うんですよね。でも、そんなことする人少ないですよ。

 

楽しいんですかね。そんな人生。

 

ある程度のお金とある程度の自由をもらえればどんな仕事でもいいのですか?自分の信条にそむくような仕事でもできるのですか?意志はないのですか?だったらフリーターでもよくないですか?社会的な体裁ですか?せっかく大学まで行かせてくれた親に申し訳ないから形だけの幸せを演じるのですか?

 

なんのために就活やってるんだろうみんな

 

 

株式会社Chotchy
hitta media